〒710-0057 岡山県倉敷市昭和2-1-1 ホワイトスクエア3F

フリーコール(県内のみ)0120-402-141(しれつはいしい)

倉敷市昭和 矯正歯科 小児矯正 成人矯正 顎関節症 噛み合わせ

顎関節症外来

HOME»  顎関節症外来

顎関節症って?

あなたの顎は大丈夫ですか?
3つの症状のうち1つでもあれば顎関節症です!

顎関節や咀嚼筋の疼痛、関節雑音、開口障害または顎運動異常を主要症状とする慢性疾患の総括的診断名でありその病態には咀嚼筋障害、関節包・靭帯障害、関節円板障害、変形性関節症が含まれる。(日本顎関節学会、「顎関節症の定義」)
つまり「顎の痛み」、「顎が鳴る」、「口が開かない」といった症状をもつ慢性疾患の総称。子供から大人まで幅広く発生しますが、20~30歳代の女性に多い傾向にあります。

顎関節のしくみを知ろう!

顎関節は下顎を動かすための関節で、耳のすぐ前にあり、頭の骨のくぼみ(側頭骨:下顎窩)と下顎の丸い突起(下顎骨:下顎頭)からなっています。耳の前に手を当てて、大きく口を開けると動くのがわかります。
口 を開けていくと、まず下顎頭が回転し、次第に下顎窩に沿って前下方に滑り出していきます。下顎頭と下顎窩の間には関節円板というクッションがあり、動きをスムーズにする事と圧力を吸収する役割をしています。
下顎を動かしているのは、こめかみにある側頭筋、頬の部分の咬筋など顎の周りについている咀嚼筋と呼ばれる筋肉です。
顎関節はこのような多くの構造物が協調した動きをすることにより、話したり、食べたりなどの複雑な運動ができるようになっているのです。

顎関節症の4つのタイプ(日本顎関節学会、症型分類)

顎関節症1型 咀嚼筋(開閉口時に働く筋肉)障害

筋痛の出現部位は咀嚼筋(咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋)が主であるが、これら4筋以外に顎二腹筋、胸鎖乳突筋にも圧痛として発現する。

顎関節症2型 関節包・靭帯障害

顎運動時に顎関節痛を訴え、触診で顎関節部の圧痛を認める。

顎関節症3型 関節円板障害(関節円板がずれている)

▼関節円板がずれているが、元の位置に戻るもの

▼関節円板がずれていて、元の位置に戻らないもの


  • ▲MRI画像

顎関節症4型 変形性関節症

▼X線写真にて顎関節の骨に変形の見られるもの


  • ▲X線写真

顎関節症と咬み合せについて

顎の動きのかなめである顎関節は体の他の関節とは違った2つの特徴があります。
一つは左右一対の連結されたもので、右側の動きは左側にも影響するということ。もう一つはある一定の距離を移動するということです。
そしてこの顎関節(下顎頭)の動きは、上顎と下顎との間にある歯(咬み合せ)によって規制されています。
つまり、咬み合せは下顎(頭)位を決める大きな要素とも言えます。
もしかりに、ずれた下顎(頭)位のまま顎が運動しているとすれば、それは慢性的な刺激を関節に与えることになりかねません。
こういったことが、顎関節症の原因の一つだと考えられているのです。

顎関節症の治療例

スプリント治療例 開口障害を主訴に受診

▼スプリント治療にて下顎位を前方に修正、装着後開口量の増加がみられた。


  • スプリント装着前(正面)

  • スプリント装着後(正面)

  • スプリント装着前(側方)

  • スプリント装着後(側方)

  • スプリント装着前(開口量23ミリ)

  • スプリント装着後(開口量23ミリ)

歯科矯正治療例
上顎前突を主訴に受診/左側顎関節に雑音を認める

▼下顎位が前方に位置づけられ緊密な咬合が確立された事で左側開閉口時雑音の消失がみられた。


  • 治療前(正面)

  • 治療後(正面)

  • 治療前(側方)

  • 治療後(側方)

▼左側顎関節開閉口時雑音(相反性クリック)の消失を認めた。


  • 顎機能検査データ(治療前)

  • 顎機能検査データ(治療後)

  • (部分拡大図/治療前)

  • (部分拡大図/治療後)
page top