〒710-0057 岡山県倉敷市昭和2-1-1 ホワイトスクエア3F

フリーコール(県内のみ)0120-402-141(しれつはいしい)

倉敷市昭和 矯正歯科 小児矯正 成人矯正 顎関節症 噛み合わせ

院長のひとり言

院長からの歯に関するお話と、ちょっとした院内のお話を紹介しています。
あなたのホームドクターとして身近に感じていただければ幸いです。

HOME»  院長のひとり言»  院長のひとり言»  2008.2 野球選手のガム咀嚼(そしゃく)!

2008.2 野球選手のガム咀嚼(そしゃく)!

2008.2 野球選手のガム咀嚼(そしゃく)!

早いもので2008年も1ヵ月が過ぎ、もう2月。いよいよ球春到来!
日本プロ野球、セ・パ12球団は3月下旬のペナントレースに向け2月1日よりキャンプインしました。
今年、リーグ優勝は?はたまた日本一は? そして郷土が生んだ燃える闘将、星野仙一監督率いる野球日本代表は北京五輪で悲願の金メダルを獲れるのか?興味はつきません。

さてその野球でアメリカメジャーリーガー達ばかりでなく、日本のプロ野球選手の中にも近年、よくガムを噛んでいる光景を見る事があります。「礼儀作法」を 重んじる人にとって「なんて不真面目な選手だろう」と感じている人も少なくはないと思います。(私も昔はそう思っていました。)しかしそこには科学的な根拠があったのです。

人の体はストレスを受けるとドーパミンというストレス物質が出てきます。
しかし咀嚼をする事でこのストレス物質の増加を抑えるという事が近年の研究で分かってきたのです。
野球というスポーツは一瞬のタイミングを捉えたりする事など常に緊張感の中でプレーをしています。決してガムを遊びで噛んでいるのではなく、過剰なストレスにならないように噛んでいるのです。

緊張時のガム咀嚼、一度お試し下さい!
これ効きます!

2008-02-18 18:28:00

院長のひとり言

 
page top